ネイティブイングリッシュは英国検の勉強に効果類か!?

 

 

我々は英検準1級を取得していますが、ネイティブイングリッシュを使うと英検にも効果があるのかという動向についてここでは論じていきます。

 

前提としてここでは表紙を英検3級以上とし、てんではじめに英検のトライ事項について確認をしていきます。

 

英検はリスニングとリーディングをメインにした一今度トライと、英語での会談によって受ける二今度トライがあります。

 

そして、一今度トライと二今度トライの両方を通過しない以上合格にはなりません。

 

トライで買えるモチーフはTOEICのように取り引きではなく、科学や政治、地理などさまざまなものがあり、ユニバーシティ受験の英語に近いものになります。

 

それに対してネイティブイングリッシュは日常英会話を学ぶ教材です。

 

ひいてはネイティブイングリッシュはフレーズを暗記するという作戦論を吊り上げる成約、文法や物言いがウエイトチックに喋る英検とそもそものコンセプトが異なります。

 

また、ネイティブイングリッシュはスピーキングとリスニングが学習のメインですが、英検はそれだけでなくリーディングがメインで、準1級以上になると書き物まで必要になります。

 

このことから分かるとおり、英検とネイティブイングリッシュでは学ぶ事項が異なります。

 

つまりは、ネイティブイングリッシュで学園をすればそれが英検への効果にも直結するというわけではありません。

 

ですので私としては、英検のためにネイティブイングリッシュで勉強するというのはおすすめできません。

 

やはり、英検の合格を狙うのであれば、ネイティブイングリッシュではなく英検のトライ欠点を取り上げた教材を使ったほうが簡単だ。

 

もちろん、ネイティブイングリッシュでの学習でも英検への効果はあります。

 

しかし飽くまでも迂回での効果になります。

 

「ネイティブイングリッシュで日常英会話のリスニングができるようになったから英検のトライ欠点のリスニングも聞きやすくなった」とか「ネイティブイングリッシュで日常英会話ができるようになったから二今度トライの会談も確かだった」という階級です。

 

ちゃんと二今度トライの会談には効果は期待できますが、一今度トライには非効率すぎます。

 

それぞれの級で喋るレベルの物言いや文法があるので、まずはそれらをはっきり習得し、それをベースに過去通知を解いて出向くほうが簡単だ。

 

やっぱり英検に限らずトライにはトライの学園の扱いがあり、日常英会話には日常英会話の学園の扱いがあります。

 

日常英会話を学ぶにはネイティブイングリッシュはでかい教材ですが、ネイティブイングリッシュで欲張って英検もと考えずに、英検は英検を専門にした教材での学園を俺はおすすめします。

 

それでは英検を専門にした教材であれば何がいち押しかとなれば、俺は一貫して旺文社(おうぶんしゃ)が出版しておるガイドブックをおすすめします。

 

級ごとに対処欠点集や過去欠点集が販売されているので、それを使って学習することが合格への近道になるはずです。