ネイティブイングリッシュでTOEICの結果アップするには!?

ここではTOEIC900所を保有する、ある意味、TOEICの教官だ自分が、ネイティブイングリッシュを使うとTOEICにも効果があるのかという形勢について論じていきます。

 

まずはTOEICというレクレーションについて確認をします。

 

TOEICはリスニングセクションとリーディングセクションから上るレクレーションです。スピーキングと執筆については問われません。規定は勤めときの英語になります。

 

それに対してネイティブイングリッシュで学習するのは、スピーキングとリスニングです。規定は勤め英語もありますが、メインは日常英会話です。

 

このように仰るアビリティーと規定が、TOEICとネイティブイングリッシュではある程度異なりている。

 

そのため、ネイティブイングリッシュを使用することでTOEICのポイントが上がるかとなれば、必ずポイントは起きるだろうが、効率的なわけではないというのが私の感覚です。

 

ちょっぴり具体的な話をしていくことにします。

 

 

 

ネイティブイングリッシュのカタチとして、以下の2つがあります。

 

 

  • 町民スピーカーが日常未来永劫でよく使う基礎的な英会話フレーズを学ぶ
  • ハイウェイ伝達でリスニングを鍛える

 

 

まずは「1」についてですが、ネイティブイングリッシュで学ぶのは基礎的な英会話フレーズであり、それに留まるのは基礎的な英語彙と英語法です。

 

TOEICで出題陥る語彙と比較をすると、ネイティブイングリッシュで学習講じる語彙のほうが明らかに簡単です。

 

そのため、ネイティブイングリッシュでの勉強はTOEICの語彙才能発展に結果を押しなべて与えません。

 

また、ネイティブイングリッシュは基本的にフレーズを暗記することによって英語法を学ばなくても英語がしゃべれるようになるように作られています。

 

ですので、TOEICではゾーン5を中心に文法知恵が問われますが、こちらに対する正解に陥るわけでもありません。

 

続いて「2」についてですが、ネイティブイングリッシュでは通常の英語伝達よりも手早く加工された英語を聞く勉強があります。

 

そのため、これはリスニングの才能のアップに役立ちます。

 

しかし、TOEICの心労と比べたときに、ネイティブイングリッシュで聞く英語は基礎的なフレーズの数値、長さが早く、きちんとTOEICのように長い英語を聞くわけではありません。

 

リスニングセクションのゾーン1とゾーン2については短文の英語を聞く数値、ネイティブイングリッシュでの勉強も効果があります。

 

それに対してゾーン3とゾーン4については長文の数値、ネイティブイングリッシュで短文を聞く力を身につけても、それによって効果があるとは意識しんどいです。

 

ここで説明したとおり、基礎的な日常英会話を学ぶネイティブイングリッシュが、勤めときのそこそこ高度な英語を学ぶTOEICに効果があると考えるのは正しくはありません。

 

ネイティブイングリッシュは日常英会話を学ぶ上では嬉しい教材です。

 

しかし、TOEICのポイントアップを立てるのであれば、敢然とTOEICに特化して勉強がやれる教材を取り扱うのが正解です。

 

今現在は、ネイティブイングリッシュを購入すると姿勢としてネイティブイングリッシュの勤め英語エディションも付いてきますが、それを含めても効果はひとつでしょう。

 

ネイティブイングリッシュを使用することで、TOEICアマチュアならば〜500所水準までは取得できるようになると思いますが、それ以上のポイントを目指すにはついにそれに特化したワークショップが必要です。

 

あくまでもネイティブイングリッシュはアマチュアが日常英会話を最短で身につけるための教材として使用することをおすすめします。