ヒアリングシャワー

 

 

ここでは、スピードラーニング同様の受け流し英会話教材「ヒアリングシャワー」について口コミや魅力を紹介します。

 

ヒアリングシャワーのサマリー、価格

 

受け流し英会話教材「ヒアリングシャワー」ヒアリングシャワーは、聞き流すだけで得る型の教材だ。

 

一番の感じは、CDだけでなく導入型も買える店。他の教材がCDのみ(ふれこみ護衛セット)ですことをかんがえると、スマホやタプレットなどに教材を活用できるのは非常に便利だといえます。

 

また、他の聞き流す型とは変わり、英語→日図書語→英語という繰り返しで、英語力をつけていきます。

 

観戦して受取るのは「ふさわしい英語」が学べる店。変にブロークンな英語では無く、どこに行っても恥ずかしくないきれいな英語が詰まっています。口コミも初心者の手法のレベルアップの本音が数多く届き、英語が苦手な初心者向けの教材であることが感じられました。

 

価格…全6巻 17,880円(CD6枚、または導入) 導入の場合は、1枚分980円

 

ヒアリングシャワーの5つの感じ

 

くだり不要の手軽な教育方法

ヒアリングシャワーの教育開設は「音」のみ。くだりブックや教育のガイド、メモ用紙などはありません。言い換えれば「訊くだけ」で果たして真骨頂が付くという自信があるからこその「音」だけでの教育が可能だといえるでしょう。スマホやミュージック選手にも簡単に導入できるので、余計なものはさっぱり持たずにいつでもどこでも教育ができるのです。

 

日図書語を英語でサンドイッチ

『ヒアリングシャワー』は、英語 → 日図書語意味 → 英語 の順番でお喋りが聞こえてきます。
ポッキリ英語が日図書語意味をサンドイッチのようにはさむ感じです。英語を聞いたすぐ後に、日図書語で意味が判り、その次に又もや再度おんなじ英語が過ぎるので、英語と日図書語がセットになって頭の中に入るのです。

 

ミュージックのクラシックミュージックで、リラックスしてやり過ごせる

ヒアリングシャワーでは、お喋りのバックにクラシックミュージックが流れている。ヒーリング効果を決めるノリと旋律を採用していますので、飽きずに無理なく聴き積み重ねることができます。

 

短文&使いやすい英会話図案

『ヒアリングシャワー』は、短文で使いやすい左右が詰まっています。理解しやすく、直ちに役立つ英会話が私につきます。米での暮らしや旅行で直ちに使えます。

 

手に入れやすい価格帯

他の「聞き流す教材」に見比べ、34?40パーセンテージも割安の価格。1巻2980円と導入は980円と非常に安価なのも特徴です。一括払いの外食金くらいで一月のレッスンができます。

 

気になる口コミは…

 

クラッシックが流れていて、その間にリズム厳しく英語→日図書語→英語の順で聞こえてくる英会話。

 

普通にミュージックを聴いてある感覚で、ひとりでに英語を事例できている、という感じです。まったく3ヶ月で、さすがにマスターしたとは言えませんが、用件も比較的簡単ですので、内級以来を目差す私としては、惜しくも続けていこうと思います(WTさん 男性)

 

最初に聞いた時は、率直に言うと「便利すぎる」でした。1巻を5周ぐらいすると、主としておしゃべりの通りもわかったので次に行ってみようと2巻を聴き始めたサロン、急に何を言っているのかわからなってしまいました。前回より早口になってあり、また一文が長くなっているので集中していないと聴き傷つける段階が増えていきます。これも繰り返し訊くうちに用件がわかるようになりました。こういうペースで、「判る」という把握が湧いたら次に行くようにすれば質問力を飼うことができると思います。海外の映画も字幕なしではからずもわかるようになってきました。(宇都宮さん 女性)

 

思っていたより聞き易いというのが直感だ。「聞き流す英語」と言うので、英語と日図書語意味がただ凡庸に流れておるだけかと思っていました。これは英語の後に日図書語意味、ふたたびおんなじ英語が過ぎ行き、はじめの英語が聞き取れなくてももっと訊くことが出来るので、聴き逃したから巻き戻すということもしなくていいのが楽だし、頭に入りやすいだ。英語独特の語り口が始めは違和感を感じましたが、自分でネットで調べたり、何回か聞いてく内にわかりました。生きた英語を学んでいる気がします。(小泉さん 男性)

 

最初は、中学生の前半にならったような用件だったので、聞き取りができてそれ程困難が激しく感じず、入りやすかっただ。用件を思い込みしようとしながら聞かなくても、その後に日図書語があるので、どうにも聞いていてもフレーズを覚えられるところがいくつかありました。後半になるにつれて難しくなりますが、また前に戻ったりしながら続けていきたいと思います(長嶋さん 女性)